ミュータンス菌は、虫歯の原因となる菌。もともと体の中に存在している菌ではありません。

ミュータンス菌とは?どんな菌?

jjjjjjuuuuuuuuuu

ミュータンス菌は、球状の大きさで1μmほどの菌で、虫歯の原因となる菌として知られるようになってきました。

虫歯というと歯石が大きな関わりがありますが、この歯垢がミュータンス菌のかたまりとなるのです。

ミュータンス菌は甘いものなどが大好物であり、歯に残っている歯垢はミュータンス菌のかっこうの餌となります。

歯垢の中でミュータンス菌は酸を作り出し、この酸によって歯を溶かし虫歯となります。

ということは、ミュータンス菌がなくなれば虫歯にならなくなると簡単に考えることもできるのですが、現実は、それほど簡単なことではなく、ミュータンス菌は完全になくすということは難しいことなのです。

といってもミュータンス菌はもともと体の中に存在しているというようなものではなく赤ちゃんの頃には存在していません。

ミュータンス菌が、なぜ存在するようになるの?

赤ちゃんの頃にはミュータンス菌は、口の中に存在しないにも関わらず、いつの間にか当然のように口の中に存在するようになってしまうのは、なぜなのでしょうか?

これは感染によるものです。大人の口の中にいるミュータンス菌が食器や接触によって感染し、いつの間にか存在しているということになります。

すでに虫歯になったことがある人の場合、口の中にミュータンス菌が存在していることになります。ここから赤ちゃんに感染しているのです。

逆にこれまで、虫歯になったことがないという人の場合には、ミュータンス菌が少ないということが考えられます。赤ちゃんのころに感染することなく過ごしてきた可能性があります。

ついつい行ってしまいがちなのが、大人が使用していた箸をそのまま使用してしまうこと。赤ちゃんの口に食べ物を運んだりすることで、唾液を通じて赤ちゃんの口の中にミュータンス菌が移ってしまうのです。

ミュータンス菌を移さないために!

ミュータンス菌は虫歯の原因となる菌ですが、生まれた時から口の中に存在しているというわけではありません。

多くの場合で親から子供に感染してるということが分かってきています。

そのために近年では赤ちゃんのものは赤ちゃん専用にするというのが一般的となってきています。

ミュータンス菌は唾液の中にあり、その唾液が赤ちゃんや子供の口の中に一度入ってしまうと、その後ミュータンス菌をなくすことは難しくなります。ですからミュータンス菌を持っている大人とは、別のものを使用することが大事なのです。

特に食事の時などは注意が必要となります。大人が使っている箸などで子どもの口に食事を運んでしまったりすることが感染の元となっています。

他にも大人と同じタオルなどを使用し赤ちゃんの口を拭いてしまったりすることでも感染してしまう可能性があります。

ミュータンス菌を移さないためには食器はもちろん、タオルなど赤ちゃん専用の物を用意し赤ちゃんや子供のものは必ずそれを使用するようにすることが大事なポイントです。

yththth

大人の虫歯チェックも忘れずに!

大人から子供へのミュータンス菌の感染を予防するためには、食器などを分けるということも大事なことになりますが、その前に行っておきたいのが大人の虫歯チェックです。

子どものころには学校などで歯科検診も行われ定期的に虫歯をチェックすることができますから、虫歯の治療もきちんと行うことができます。

しかし大人の場合には、自分で意識して歯科検診などに行かないと現在自分の歯に虫歯があるのかもわからないものです。

虫歯がある場合には、ミュータンス菌も口の中にたくさんいることになり、きちんと治療を行っておくことが必要です。

ミュータンス菌は唾液によって感染しますから食事だけでなく、自分の手やタオルなどからも感染してしまう可能性があります。

大人の口のミュータンス菌を減らっしておくということも大事なポイントとなってきます。

ミュータンス菌が虫歯の原因!

jufff

ミュータンス菌は虫歯の原因とされている菌です。虫歯になる仕組みはミュータンス菌が出す酸が歯を溶かして虫歯となるのです。

虫歯だけでなくミュータンス菌が潜んでいるプラークの中には歯周病菌があり、これが発生させる毒素によって歯周病を発生させます。

つまりプラークの中には口の中のトラブルの原因となるものが、たくさん潜んでいるということです。

また、ミュータンス菌が酸を発生させるのは糖を分解して生産することになりますから、虫歯ができるには、ミュータンス菌と糖が必要ということになります。

逆に考えると、この2つを口の中からなくすことができれば、虫歯になりにくくなるということになります。

ミュータンス菌は一度、口の中に感染してしまうとなくすことは難しいのです。しかし、減少させることはできますから、そのためのケアを行うようにしましょう。

ミュータンス菌を減らすために!

虫歯の原因となるミュータンス菌を減少させるためには、どのようなケアを行ったらよいのでしょうか?

ミュータンス菌はプラークの中にひそんでいます。ですからプラークを取り除けばミュータンス菌を減少させることができます。

ミュータンス菌を減少させることができれば酸の発生も減りますから虫歯にもなりにくくなるわけです。

そのために必要となってくるのが歯磨きです。口をゆすぐ程度ではプラークを取り除くことができません。しつこいプラークを剥がし取るために歯磨きが必要となるのです。

歯磨きでプラークを取り除きミュータンス菌が住みにくい環境を作るようにしてください。また、歯の間などは歯間ブラシなどを使用して掃除することも有効です。