ミュータンス菌は、虫歯の原因となる菌。もともと体の中に存在している菌ではありません。

虫歯にならないために頑張りない時期!

lortrt

虫歯ができるのにはいくつかの条件がありますが、その中の1つがミュータンス菌です。

このミュータンス菌は生まれた時には口の中に存在しておらず親などからの感染によって存在するようになります。

そのためできるだけ子供が小さいうちには感染を防ぐための努力を行うことになるのですが、それも特に注意してほしい時期というものがあります。

その時期に感染することがなければ、その後は感染しにくい状態になるということが言われています。ですから、その時期はとても重要な時期となってきます。

特に注意したいのが1歳7ヶ月から31ヶ月くらいの間です。この時期は特に注意してミュータンス菌を感染させないようにしましょう。

親だけでなく接触する機会の多い大人、また兄弟などでも同じことが言えますから十分に注意しましょう。

兄弟がいる場合は、食べかけのものをあげたりということも考えられます。しっかり見ていてあげることと、教えて上げることが大切です。

定期的な歯石ケアを!

虫歯などに気を使って日ごろから歯磨きなど丁寧に行っているという人は多くなってきています。

虫歯は、歯だけの問題ではなく体調不良などにもつながってくることもありますから、きちんと歯のケアを行って虫歯を作らないようにすることはとても大事なことになってきます。

日ごろの歯磨きはとても大切なことですが、それにさらにプラスしたいのが歯石の除去です。

定期的に歯科医院などに通って歯石を取り除くようにすることで、きれいな歯を保つことができるというだけでなく健康のためにも重要なものとなってきています。